運動の重要性

f:id:ayaatenafuua:20210730065442p:image


運動とは
運動とは「からだを動かすこと」で、最近では日常生活での活動とスポーツなどの運動を合わせて身体活動と呼ばれています。


そもそも人間は動物であり、他の動物と同じように「動く仕組み」がからだの中に備わっています。しかし便利な世の中になるにつれ、運動する機会が激減しました。多くの人が運動不足を感じており、運動したほうが良いということは理解をしていても様々な理由(暑い、寒い、忙しいなど)により習慣化するのは難しいのが現状です


なぜ運動しなくてはいけないのか
運動をした方が良いうことはなんとなくわかっていると思いますが、なぜ運動をしなくてはいけないのでしょうか。それには大きく2つの理由があります。

 


 

 

 

 

1.生活習慣病の予防
f:id:ayaatenafuua:20210730065456j:image
食べ物から摂取したエネルギーと運動により消費したエネルギーがバランスよく保たれていることが健康の為に良い状態です。しかし食べる量は変わらず、運動を行わないと摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、使われなかったエネルギーは脂肪としてからだに蓄えていきます。この状態が幾度となく繰り返されると、脂肪が必要以上に蓄積し、肥満の原因となり糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病になるリスクが高くなります。

 

 

2.筋力の維持
f:id:ayaatenafuua:20210730065515j:image
体調を崩し1週間ほど寝込んでいた後は、疲れやすかったり、普段のように動けないなど、体力や筋力、持久力などが衰えていると感じたことがあるかと思います。人間は持っている機能を使わないと驚くようなスピードでその機能は低下していきます。
たとえば「歩く」という動作。簡単に行っているようですが、歩くときには大腿四頭筋(大腿直筋・広筋)、大腿二頭筋、前頸骨筋、下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋など)といった多くの脚の筋肉を使って、1歩、また1歩と歩きます。さらにお尻や腰、背中、腕の筋肉も連動し全身の筋肉を使ってはじめて歩行動作を成立させることができます。
また重心を移動させて前に進むためにはバランス能力、さらには長い時間動くためには心肺機能も必要となります。


もし、歩く頻度が減ってきたら、多くの筋肉量が減少し、さらにバランス能力、心肺機能の低下につながります。こうなってしまうと日常生活に多大な影響を及ぼす恐れがでてきます。このようなことに事態にならないために毎日歩くことが必要なのです。歩くことで必要な筋肉、機能は最低限維持されます。また筋肉量は成長期に増え、その後加齢とともに減少していきますが、筋肉は骨とは違って、いくつになってもトレーニングを行えばその分増やすことができます。

 

 

 

運動がもたらす恩恵


・健康的な体形の維持
・体力、筋力の維持および向上
・肥満、高血圧や糖尿病などの生活習慣病メタボリックシンドロームの予防
・加齢に伴う生活機能低下(ロコモティブシンドローム)の予防
・心肺機能の向上により疲れにくくなる
・腰や膝の痛みの軽減
・血行促進により肩こり、冷え性の改善
・抵抗力を高める
認知症の低減
不定愁訴の低減
・気分転換やストレス解消

 

 

 

 


東京都北区王子駅徒歩4分から通える初心者専門のパーソナルトレーニングジムのサイトです⬇︎