北区王子、東十条の中高年向けのセミパーソナルトレーニングスタジオ

北区王子岸町のスタジオでパーソナルトレーニングを安く低価格で提供しています!トレーニング初心者の方やダイエット目的の方、体力に自信のない方大歓迎!気軽に連絡ください!ブログの記事下にホームページ記載しています!

脂質とは

 

f:id:ayaatenafuua:20210813211410j:image

 

脂質の働き

 


脂質は少量でも高カロリーの効率のよいエネルギー源です。
1gの糖質とタンパク質の持つエネルギーは4kcalですが、1gの脂質は9kcalのエネルギーを発生します。また、貯蔵脂肪としてエネルギーの貯蔵にも役立っています。

 


脂質は重要なエネルギー源だけでなく、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったり、ビタミンの運搬を助けたりするなどの役割があります。

 


その他、体温を保ったり、肌に潤いを与えたり、正常なホルモンの働きを助ける(とくに女性ホルモン)といった働きがあります。血液中に含まれる脂質には脂肪酸中性脂肪コレステロール、リン脂質の4つがあります。次にそれぞれの特徴をあげます。

 

 


脂肪酸
脂肪酸は直接エネルギー源として使われます。
脂肪酸は構造の違いにより飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられます。食品にはこれらが混合して含まれています。動物性脂肪には飽和脂肪酸が多く、植物油や魚類の油には不飽和脂肪酸が多く含まれています。

 


植物油や魚油に多く含まれる不飽和脂肪酸には、血液中の中性脂肪コレステロールを低下させる働きもありますが、動物性脂肪に多い飽和脂肪酸は、血液中の中性脂肪コレステロールを増加させるので、摂りすぎないように注意しましょう。

 

 


飽和脂肪酸を含む食品
脂身の多い肉
ベーコンソーセージ
チーズやバター
インスタントラーメン
スナック菓子
生クリーム系の菓子
クッキーやチョコレートなど

 

 


不飽和脂肪酸を含む食品
大豆油
なたね油
ごま油
豆腐
味噌
油揚げ
魚介類
魚の卵など

 


ちなみにリノール酸リノレン酸は正常な発育や機能の維持に不可欠でありながら体内で合成できないため、食事から摂取しなくてはならず、必須脂肪酸と呼ばれています。

 

 


中性脂肪
中性脂肪はエネルギー源である脂肪酸の貯蔵形態で、食事から摂取する脂質の大部分を占めます。余った脂質、糖質、タンパク質は中性脂肪となって脂肪組織や肝臓に貯蔵され、必要に応じて分解されてエネルギーとして使われます。

 

 


コレステロール
コレステロールはホルモンや胆汁酸の材料になるほか、脳や神経などの細胞膜の構成成分となります。体内のコレステロールのうち食べ物からとり入れられたものは約3割にすぎず、残りの7割は体内で糖質や脂肪酸を材料に主として肝臓、皮膚、腸粘膜などで合成されたものです。

 

 


④リン脂質
リン脂質は細胞膜や脳の組織の構成成分となります。疎水性物質の親和性を保つ役目をしています。

 

f:id:ayaatenafuua:20210813211143j:image

 


脂質が不足すると⁉︎


生活習慣病が社会問題となっており、肥満の原因となる脂質は、敬遠されがちですが、食事の量が少なくなりがちな高齢者の場合は、脂質の摂取量が不足すると、エネルギーが不足して疲れやすくなったり、体の抵抗力が低下したりする可能性があります。
また、とくに女性は美容や健康を損なうことになりかねず、美しい肌や髪を保つためにも、ある程度の脂質が必要です。


 また、脂質とともに吸収される脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)が吸収されにくくなり、ビタミン欠乏になるリスクもあります。
 反対に、肥満傾向の人は、動脈硬化脂質異常症高脂血症)などの生活習慣病の原因になるため摂りすぎないように注意しましょう。

f:id:ayaatenafuua:20210813211231j:image

 

 


東京都北区王子駅徒歩4分から通える初心者専門のパーソナルトレーニングジムのサイトです⬇︎