北区王子、東十条の中高年向けのセミパーソナルトレーニングスタジオ

北区王子岸町のスタジオでパーソナルトレーニングを安く低価格で提供しています!トレーニング初心者の方やダイエット目的の方、体力に自信のない方大歓迎!気軽に連絡ください!ブログの記事下にホームページ記載しています!

栄養で身体が動く仕組み

 

f:id:ayaatenafuua:20210915070359j:image

食べ物で得た栄養素からカラダを動かすためのエネルギーがどう生み出されているのかを追ってみましょう。

 


栄養素が身体の中でエネルギーに変わり消費するまでのしくみを代謝といいます。代謝にも種類があり、呼吸や内臓の働き、体温の維持などカラダの基本的な機能を維持するために必要な基礎代謝と歩いたり走ったり身体を実際に動かすために使われる活動代謝があり、そのほかにものを食べたときにエネルギーを消費する食事誘発性の熱産生もあります。

 


実際にどう使われるのかは車に例えると分かりやすいです。

当然ですが、ガソリンを入れなければ車は走ることができません。燃料のガソリンを燃やして熱エネルギーを発生させ、それがエンジンを動かして動力源になります。ガソリンが切れてしまえば、もう走ることはできなくなります。

 

 


人の身体も同じように三大栄養素でもある糖質、脂質、タンパク質がいわば燃料として体内で分解・吸収されてエネルギーを生み出すからこそ思いのまま活動することができます。必要とされるエネルギー量は年齢や体格、仕事や生活習慣病によって異なりますが、全てのもとは主に三大栄養素から得られるエネルギー源です。

 

 

f:id:ayaatenafuua:20210915070205j:image

 

 

基礎代謝
生命維持に必要なエネルギー代謝で睡眠時代謝とも呼ばれる。基礎代謝量は年齢とともに低下します。


※食事誘発性の熱産生
食事をすると胃や腸などが活発に働き、消化のためにカラダがエネルギー消費することをいいます。

 

 

東京都北区王子から通える初心者専門のパーソナルトレーニングジムのサイトです⬇︎