北区王子、東十条の中高年向けのセミパーソナルトレーニングスタジオ

北区王子岸町のスタジオでパーソナルトレーニングを安く低価格で提供しています!トレーニング初心者の方やダイエット目的の方、体力に自信のない方大歓迎!気軽に連絡ください!ブログの記事下にホームページ記載しています!

屈曲型腰痛とは

 

f:id:ayaatenafuua:20210924180002j:image

 

屈曲型腰痛とは体力測定で行われる立位体前屈などのように身体を曲げる動作で痛みが増すタイプの腰痛をいいます。

 

身体を曲げようとしても痛くて曲がらない前屈みになる動きで痛みが生じるタイプを屈曲型腰痛といい、日常生活では、しゃがむ、下にある物を拾う、洗面所で顔を洗うときなどの動きで痛みが生じやすく、デスクワークや車の運転などで長時間座っていることや猫背姿勢でいることが多いといった人によく見られます。このような痛みは屈曲型腰痛の症状です。

 


そのほか動いているときには痛くないものの、じっと座っていると腰が重くなってくるタイプの腰痛があります。これには、座った姿勢でのお尻への重心が無意識のうちに左右いずれに偏っている場合や腰椎を反らせすぎたり、曲がったていたりして筋肉の疲労が蓄積することが考えられます。

 

 

屈曲型腰痛はお尻の筋肉や大腿の裏の筋肉が硬くなり、身体を曲げようとしても股関節がうまく曲がらないために起こります。

これに対しては大腿の裏のハムストリングスや大殿筋を十分にストレッチすることで改善につながります。

 

 

ハムストリングストレッチ

f:id:ayaatenafuua:20210924180140j:image

 

 

大臀筋ストレッチ

f:id:ayaatenafuua:20210924180231j:image

 

体の仕組みを理解しておくことは、腰痛改善はもちろん、ケガの予防などにも極めて有効です。また、どういう仕組みで痛みが出ているのかがわかれば、腰痛に対する不安や恐怖
心、苛立ちが和らぐことも期待できます。

 

 

 

東京都北区王子駅徒歩4分から通える初心者専門のパーソナルトレーニングジムのサイトです⬇︎