北区王子、東十条の中高年向けのセミパーソナルトレーニングスタジオ

北区王子岸町のスタジオでパーソナルトレーニングを安く低価格で提供しています!トレーニング初心者の方やダイエット目的の方、体力に自信のない方大歓迎!気軽に連絡ください!ブログの記事下にホームページ記載しています!

自律神経とはどんなもの?

f:id:ayaatenafuua:20211027192514j:image

自律神経の役割について解説する前に、まずは神経とは何かについて確認をしておきましょう。神経は脳と身体の各機関が互いに情報を伝え合う道のようなものです。身体の外側、内側からの刺激は情報として神経を伝わって脳や身体の各機関へと送られ、様々な動きや反応を引き起こします。

 

 

私たちが痛みを感じるのも、埃っぽい場所でくしゃみが出るのも、情報が神経という道を通って伝わり合っている証拠なのです。

 

情報を伝える神経は大きく2つに分けられます⬇︎

 

 

中枢神経

脳と脊髄からなっていて、全身に指令を送る神経系統の中心的なはたらきをしています。脳は頭蓋骨によって、脊髄は脊柱によって守られています。

 

 

末梢神経

中枢神経と、からだの内外の諸器官に分布する神経とを結び、情報の伝達を行っています。末梢神経には、体性神経と自律神経のふたつがあります。

 

 

末梢神経には性神自律神経とに分けられます。性神経には感覚を伝える知覚神経と手足などの筋肉を動かす運動神経があります。一方の自律神経は、内臓の働きや血液の流れなど、生命を維持するための機能を司っています。

 

 

自律神経は自分の意志でコントロールすることができません。主にこういう働きを持っています。

 

 

心臓を動かして血液を全身へと送る

f:id:ayaatenafuua:20211027190824j:image

 

 

・呼吸をする

f:id:ayaatenafuua:20211027191005j:image

 

 

 

・食べ物を消化し栄養素を吸収する

f:id:ayaatenafuua:20211027191438j:image

 

 

 

・体温調節

f:id:ayaatenafuua:20211027191701j:image

 

上記すべての働きは自律神経によって制御されているものです。起きているときも眠っている時も私たちの意志に関係なく、身体の機能を維持するために自律神経は24時間365日休みなく稼働しています。

 

 

そして、この自律神経は身体だけではなく心ともリンクしています。

 

私たちの健康は身体を構成する約37兆個もの細胞の一つ一つがしっかりと機能することで守られています。この細胞のエネルギーとなるのは十分な栄養と酸素です。これらが足りないと細胞がうまく機能せず、やがて全身のあらゆる器官に不具合が生じてしまいます。この器官の中でも最も重要なのが、、

 

 

脳です。

 

 

脳は栄養や酸素の不足により脳細胞の働きが衰えると、記憶力や判断力が低下するだけでなく、内臓や各器官の働きも鈍くなります。胃や腸の機能が衰えれば消化や栄養の吸収が悪くなることで、下痢や便秘などの不調の原因にもなり、さらに髪や肌などの細胞の再生が滞ることで、美容面にも悪影響が及びます。

 

こうした不調に見舞われないようにするには食事や呼吸によって取り入れた栄養と酸素を一つ一つの細胞へしっかりと届けることが重要です。その役割を担っているのが血液です。血液の流れを司っているのが自律神経になります。自律神経を整えることで血液の流れがよくなり全身の細胞の機能が活性化されるのです。

 

 

そして自律神経には心の状態により大きく左右されます。怒りや不安によって心が乱れると、自律神経のバランスも崩れて血流が悪くなります。それにより身体にも様々な不調が現れてきます。逆に、心の状態がよければ自律神経のバランスも整い、身体の調子も安定します。つまり心と身体は自律神経を介してつながっており自律神経を整えるということは生命維持に必要なライフラインと言っても過言ではありません。

 

 

東京都北区王子駅徒歩4分から通える初心者専門のパーソナルトレーニングジムのサイトです⬇︎