北区王子、東十条の中高年向けのセミパーソナルトレーニングスタジオ

北区王子岸町のスタジオでパーソナルトレーニングを安く低価格で提供しています!トレーニング初心者の方やダイエット目的の方、体力に自信のない方大歓迎!気軽に連絡ください!ブログの記事下にホームページ記載しています!

寝たきりを防ぎましょう!

f:id:ayaatenafuua:20211121171435j:image

 

最近何となく疲れやすくなった。

 

そんなふうに感じるのを単純に年齢のせいで体力が落ちたとは考えてはいないでしょうか?

 

年齢を重ねると筋力は低下していきます。

姿勢の制御に貢献していた筋肉はこの筋力低下とともに姿勢を保てなくなり姿勢不良をおこしてきます。筋力の低下ともに柔軟性も落ちてくるので、ますます姿勢不良を引き起こし、気づいたときには、腰は曲がり、上体も前傾気味になり動くのがつらい身体となり疲れを感じやすくなります。

 

筋肉の量は20代〜30代をピークに年々減り続けていきます。

 

しかし、

 

 

筋肉量しっかりトレーニングすればこれまで運動を今まで全くやったことがない方や60代以上の方でも筋肉量が増えるのは多くの実験で検証されてます。

 

 

 

筋量が低下するのは年齢のせいだけではありません。この令和の時代、交通機関が発達し、駅構内やビルではエスカレーターやエレベーターもかなり普及してしまったことにより日常的に歩いたりする頻度が明らかに減ってきてます。生活強度が以前より明らかに落ちていき、日常生活の中で身体を動かさなくなっていることも大きな要因の一つです。いわば運動不足です。

 

 

これから来る未来はますます便利になることが予想されるでしょう。もしかしたらタケコプターやバックトゥザフューチャーの空飛ぶスケボーなども実現するかもしれません。夢のある話ですが生活活動量はさらに減っていくことでしょう。何も対策をしないでいると筋力がもっと低下することが考えられます。そうなると将来的にはロコモティブシンドローム(運動器症候群)になるリスクはかなり高くなります。

 

 

ロコモティブシンドロームとは?

f:id:ayaatenafuua:20211121191411j:imagef:id:ayaatenafuua:20211121191415j:imagef:id:ayaatenafuua:20211121191418j:image

 

 

※ロコモのチェックリスト

 

 

・階段を上がるときに手すりに頼りたくなる

f:id:ayaatenafuua:20211121175128j:image

 

 

・横断歩道を青信号で渡りきれない

f:id:ayaatenafuua:20211121175239j:image

 

 

・やや重い家事が困難f:id:ayaatenafuua:20211121175350j:image

 

 

・15分くらい続けて歩けない

f:id:ayaatenafuua:20211121175518j:image

 

 

・片脚たちで靴下が履けない

f:id:ayaatenafuua:20211121180650j:image

 

 

 

・2kg程度の持ち物を持ち帰るのが困難

f:id:ayaatenafuua:20211121180748j:image

 

 

 

・家の中で躓いたり滑ったりすることが多い

f:id:ayaatenafuua:20211121181228j:image

 

 

 

 

また次のようなテストでもロコモの危険度が分かります。

椅子からぐらつかずに立ち上がる事ができるかどうかのテストです。

このロコモ危険度チェックのテストでは椅子の高さが低いほど足腰に問題ないということになります。

 

f:id:ayaatenafuua:20211121181826j:image

 

 

1.高さ40㎝程度の椅子に浅く腰掛ける

 

2.反動を使わずに立ち上がる。

 

3.完全に立ち上がったら約3秒間ぐらつかないようにキープ

 

 

 

もし立ち上がれなかったり、立ち上がってもすぐにグラついてしまったりする人はロコモ予備軍の可能性があります。

 

 

ロコモ予備軍の疑いがある人は下半身の筋肉を鍛える必要があります。腰から下にかけての筋肉は歩くために必要な筋肉です。身体を建造物で例えると足腰は土台の部分になります。そして背骨は土に打ち込まれた柱です。建物全体が安定するには土台が頑丈でなければいけません。人間の身体も下半身の筋肉が強ければ土台が安定し転倒を防げる大きな要因の一つになります。

 

 

下半身には大きくて太い筋肉が集中しています。その量は身体全体の筋肉量の半分以上になります。そのためトレーニングによって下半身を積極的に動かせば代謝と血行がよくなり消費カロリーが上がり体脂肪も燃焼しやすくなります。結果、生活習慣病の予防にも期待できます。

 

 

それでは下半身をどのように鍛えていけばいいのでしょうか?

 

 

まずはウオーキングなどをおススメします。ウオーキングは運動強度的にも比較的続けやすいこともあり体脂肪も燃焼しやすく何処でも行えるという、たくさんのメリットがあります。

f:id:ayaatenafuua:20211121183253j:image

 

 

あとは本格的にしっかり筋力を上げたいのならジムに通うのも一つの手段です。その際ジムにいるトレーナーに将来的に寝たきりにならないための予防がしたいなどの要望を伝えましょう。ジムによってはジムトレーナーが対応してくれたり、有料になってしまいますがパーソナルトレーナーでの対応になってしまうかもしれません。パーソナルトレーナーは普通のジムスタッフより知識と経験が豊富な方が多いです。ダイエットやボデイメイクとは違ったメニューでか効果的な指導をしてくれるはずです。

f:id:ayaatenafuua:20211121183256j:image

 

 

もちろんジムには通わず自宅でトレーニングというのも一つの手段です。正直、寝たきり防止やロコモ予防に対しての筋トレはジムなどの器具を使わなくても自重でのトレーニングでも充分な効果が得られます。

 

 

次回のブログにて自宅でもできる自重を使ったトレーニングを紹介します!

 

 

東京都北区王子駅徒歩4分から通える初心者専門のパーソナルトレーニングジムのサイトです⬇︎


 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 40kg台(女)へ ブログランキング・にほんブログ村へ